都内進学塾を20年経営してきて起こった様々な人間模様
                 
                 クロピーの「言ってる意味わかります?!」
クロピーこと、私黒沢正樹が日々思う色々なことをここでは好き勝手に語ってみよう!というコーナーです。詩人モードに突入すると、次から次へと言葉が溢れてくるのです。その言葉を忘れないように書き留めておきたい!というクロピーの想いを聞いてやって下さい!

 最新

 ★Vol.26「どん底からの合格! それでも夢はあきらめないから・・・ 」

突然の、校長推薦取り消しに・・?!それでも最後の最後まであきらめないで・・・

 〜過去のバック・ナンバー〜
 

 ★Vol.25「赤点課題(問題全て30回書き写す)と数学クラス順位5番!」

あのMくんが、息を切らして塾にやってきて言った事は「数学がクラスで5番だった・・・・!」

 

 ★Vol.24「私なんかどうなってもいい・・・〜留年しないで2年になれたよ!」

あと10分・・・。卒業生の人生がまったく違うものになっていたかもしれません?

 

 ★Vol.23「おいしいパン屋さんになるために?」

今年もいろいろな受験がありました。そして、今までで一番大変なMくんの受験も・・・?

 

 ★Vol.22「面接で一言も話さなかった?!」

最近、ふと塾の名前を「黒沢塾」に戻そうかと思っています。そんな時、こんな男子生徒との出会いがありました。

 

 ★Vol.21「都立高校の一般受験生は、私をいれて3人だけなんです!!

 都立高校一般受験がクラスで3人しかいないと、生徒に言われて、あらためて学校教育の現状を再認識し、どんな時代になろうと、生徒のことを大事にする教師ばかであり続けたいと思いました。

 

 ★Vol.20「涙とチューインガム」 

 私があげた1枚のチューインガムの包み紙を、定期入れに入れて3年間高校に通ったという女生徒からの手紙?!そして、その生徒の都立高校受験前夜の涙涙・・・の事件!!
改めて塾の存在意義を、そして「ベルテクス」のこれからの必要性を痛感したエピソードです・・・・。

 

 ★Vol.19「亡き父を想う〜今だからこそ、素直に・・・」  

 先日久しぶりに行った父親の墓参り。生前は父とは確執めいたものがあり、最期まで本音を語ることもできないままのあっけない別れでした。亡くなって初めて知った父の私への想い・・・。そして今、父への私の想いを語ってみたくなりました。

 

  
 
★Vol.18 「ある少女」

 合格という結果だけが大切なのが受験ではありません。「ただ、みんなと同じように高校に行きたい」・・・そういう純粋な願いをかなえてあげたい!・・・そんな私と、ある少女とのこんな受験がありました。

  
 
★Vol.17 「ベルテクス 葛西校 閉校」

 物事には始まりがあって、終わりがある。終わりがあって始まりがある。今年の春、葛西校を閉校し、私は黒沢学習塾の原点へと戻りました。この春から再出発です。この新しい始まりを信じて私は今日も教壇に立ちます。
 

  
 
★Vol.16 「2つの奇跡(茶髪と受験)」

 「奇跡」という言葉を信じたいと思った出来事が以前ありました。しかも2つ重なったのです。「最後まであきらめない」ということを身をもって教えてもらえた貴重な経験です。こんなこと人生でそうそう巡り会えないでしょう?
 

  
 
★Vol.15 「大学卒業と心の中のガッツポーズ!!」

 教育者と言われるようになった私ですが、大学時代は大学にロクに通わない悪ガキでした(笑)。卒業も危うかった私の逆転満塁ホームラン!4年で卒業できた最後の日の想い出について語ってみました。
 

  
 
★Vol.14 「ずぶ濡れの、現代版「走れメロス」」

 約束を必ず守る・・・言葉にすれば簡単だけど、なかなか実際には実行できないことを、何が何でもやり遂げようとした私の大切な仕事仲間の話です。彼のことはこれから先もずっと信頼できると確信できたエピソードです。

  
 
★Vol.13 「人生でもう一度会いたい人?」

 年賀状だけのやりとりをしていて、ずっと会ってない友達っていませんか?そういう友達と再会しようと思えば叶うけど、もう二度と会えないかもしれない・・そんな友達との再会を願う私がいます。
 

  
 
★Vol.12 「陽はまた昇る」

 高校時代は自ら脚本も書いて映画も撮ったことがあるほどの映画好きの私。でも、ここ10年以上映画館で映画を観る機会がなかったんです。でもこの映画だけはどうしても映画館で観たかった。
   

  
 
★Vol.11 授業料使い込みとサラ金!?

 お金はある程度なくては生きてはいけないものです。でも、そのために自分の周りの人間たちに悲しい思いをさせたり、自分の人生をダメにしてはいけないと思います。
 

  
 
★Vol.10 アルバイト青春編〜その1「とにかくお金・・・力仕事編1」

 大学時代、親からの経済援助ゼロだったクロピーは、本当に色々なアルバイトをしました。とにかくバイト、バイトの日々でした。そんな時代のエピソードをいくつか語ってみたいと思います。
  

  
 
★Vol.9 笑わない子?!

 色んな教え子たちがいます。みんな明るい子ばかりなのですが、決して笑わなかった教え子がいました。成績は大切ですが、笑顔を作れないほどの苦痛があってはならないと思います。
-= 

  
 
★Vol.8 「4−3=5」

 計算式の正解は必ず一つに限られています。でも、このタイトルの計算式の正解は一つではなかったのです。それに気づかせてくれた生徒とのやりとりについてある雑誌に寄稿したものです。

  
 
★Vol.7 「 クロピーの原点」を昔の生徒からの手紙に!

 これまでに多くの生徒を送り出してきた私ですが、生徒たちが塾のことをどのように感じてくれていたかを知る機会はなかなかありません。でも、こんな手紙をもらったことを思い出しました。
    

  
 
★Vol.6 こわーいこわーい、本当にこわかった話。

 こんな経験、滅多にないことだと思います。嘘のような本当の話。大事な子供、つまり生徒さんを預かるという職業ならではの類稀なるエピソードだと思います。思い出しても「あぁー、怖かった」。
  

  
 
★Vol.5 大晦日の反乱!と自殺?

 これは、私にとって、一生忘れることのできない大事件。人は色々な経験を重ねて日々成長し、変わっていくものだと思います。私もこういう辛い経験を経て、今の私があると思っています。
  

  
 
★Vol.4 保険!保険!!保険!!!

 毎月払う保険料って、時にはなんとなく「もったいない」なんて感じたりもします。でも、本当に自分の身に何か起こった時にこそ、そのありがたみを非常に感じるものですよね。
 

  
 
★Vol.3 自転車どろぼーと明日の日本を背負って立つ若者?!

 普段は決して嘘をつかない正直者の私ですが、若かりし頃、ちょっとした嘘をついたことがありました。でも、その嘘から学んだことも多かったのです。ちょっとほろ苦い青春の想い出です(笑)。
 

  
 ★Vol.2 白血病と最後のライブ!!

 10年ほどバンドのVoをやっていた私ですが、そのバンドを始めるきっかけになったちょっと悲しい想い出話を。彼のためにも、またいつかそのバンドは復活させたいと思っているのです。
 

  
 
★Vol.1 「てんてんたまたまそば」と1000万円の生命保険?!

 まずは、「過去、現在、そして未来にわたっての 人と人の輪を」・・・なんてことを考えてこのHPを作った私自身のことを少し話してみたいと思います。

 

Homeページへ